筑前煮

野菜料理

今回のレシピは和食の煮物の定番、筑前煮の作り方を紹介します。

もうすぐ新年を迎えるという事でお節に持ってこいの筑前煮ですが、地方によって呼び方が違うのはご存知ですか?

がめ煮や炒り鶏、煮しめなどと色んな呼び方があるのですが実は全て同じ料理を指していたのです。

お祝い事の席によく並ぶ筑前煮ですが、これにも理由があります。

使う食材の多くの名前に”ん”が入っているので”運”がつくや、里芋は土から掘り起こした時にたくさんの小芋が沢山連なっている事から子孫繁栄をイメージされ、蓮根は複数の穴が空いていて、向こう側が見えるので将来の見通しがきくなどと言われ縁起を担ぐ料理として食べられています。

また、筑前煮の作り方は煮物全般に活用できるので是非、今回紹介するレシピを覚えて煮物の作り方をマスターしてください。

材料

<4人前>

・鶏モモ肉 200g

・人参 100g

・ゴボウ 100g

・蓮根 100g

・里芋 100g

・こんにゃく 100g 

・干し椎茸 4枚

・絹さや 8枚

・出汁 200cc 出汁の取り方はこちらを参照してください

・濃口醤油 20cc

・酒 20cc

・みりん 20cc

作り方

1 干し椎茸を適量の水で戻し半分にカット、戻し汁は茶こしなどで漉して取っておく。

2 絹さやの筋を取り、下茹でして冷水にさらして色止めをしておく。

3 残りの具材を全て一口大にカットしておく。

4 里芋は水から茹でこぼし流水にさらして滑りを取り、こんにゃくは沸騰したお湯で下茹でし灰汁抜きする。

5 油を引いた鍋を強火にかけて鶏肉を加え表面の色が変わるまで炒める。

6 人参、ゴボウ、蓮根、里芋、こんにゃく、干し椎茸の順に加え、炒め合わせる。

7 全体に油が回ったら出汁、干し椎茸の戻し汁、酒、みりんを加え、沸騰したら醤油を加え中火に落とし、落とし蓋をして煮詰めながら具材に火を通す。

8 全ての具材に火が通り、煮汁が煮詰まったら分量外のみりんを少量加え照りを出す。

9 盛り付けて下茹でしておいた絹さやをあしらう。

ポイント

・干し椎茸の戻し汁には旨味成分がたっぷり詰まっているので必ず捨てずに料理に活用しましょう。

・こんにゃくと里芋の下処理はしなくても出来ないことはないですが、するのとしないのとでは出来上がりに差が出るのでなるべくやる様にしましょう。

・煮汁を詰める時に勢いよくボコボコ沸騰しているのは火が強すぎ、煮崩れの原因になるのでちょうど良い火加減まで弱める。

コメント

タイトルとURLをコピーしました