アクアパッツァ|Acqua Pazza

魚介料理

今回のレシピは見た目も豪華で魚介の旨味がたっぷり詰まったアクアパッツァの作り方を紹介します。

アクアパッツァは豪快に丸々一尾のお魚とムール貝やアサリ、海老などの魚介類とトマトやオリーブなどの彩り鮮やかな具材と一緒に煮込んだイタリア料理です。

アクアパッツァに使う具材は特に決まりはないのですが魚は鯛、カサゴ、スズキなどのクセのない白身魚が良く使われます。

また、魚は切り身を使っても充分美味しく作れて取り分けるのも簡単なのですが、骨や頭からも旨味が出てスープの味に深みが出るので是非、尾頭付きの魚を使ってみて下さい。

魚の下処理はウロコ、エラ、内臓は必ず取り除きますがどこのお店のお魚屋さんにお願いしてもやって頂けると思うので苦手な方や分からない方はお願いしても良いと思います。

材料

<4人前>

・好みの白身魚 1尾

・アサリ 12個

・ムール貝 4個

・ブラックオリーブ 8個

・ケッパー 16g

・プチトマト 8個

・ニンニク 2片

・アンチョビ 10g

・白ワイン 100cc

・水 100cc

・オリーブオイル 適量

・タイム 適量 ※無くても可

作り方

1 砂抜きをしたアサリをこすりあわせて汚れを流水で洗う。ムール貝の殻についた汚れををタワシなどでこすり足糸を取り除く。

2 下処理をした魚の両面に浅く切り込みを入れ、塩、胡椒を振っておく。

3 ニンニクを潰し、アンチョビを包丁で叩いてペースト状、トマトを半割りにカット、ケッパーを流水に軽くさらしザルあげしておく。

4 大きめのフライパンに適量のオリーブオイル、ニンニク、アンチョビを入れて火にかけ、弱火でニンニクの香りをオイルに移す。

5 ニンニクが色づき始めたら魚を加え、中火にし両面に綺麗な焼き色をつけ、ブラックオリーブ、ケッパー、プチトマトを加える。

6 アサリ、ムール貝、タイムを加え白ワインを注ぎ、蓋をして蒸し煮にする。

7 アサリとムール貝の口が開いたら水を注ぎ、再度蓋をして約5分加熱して魚に火をいれる。

8 スープの味を見て薄ければ塩で味を整え、仕上げにオリーブオイルを回し入れる。

9 魚を崩さない様に盛り付けお好みでイタリアンパセリを散らす。

ポイント

手順2で魚に切り込みを入れて火の通りを良くする。

手順4でニンニクとアンチョビを炒める時に焦がさない様に気をつける。

・魚に焼き色をつける時は盛り付ける時に上になる面から焼く。

・魚の加熱時間は目安なので切り身を使う場合は短くなり、大きめの魚を使う場合は長くなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました